2022年3月24日

works 151


 季刊「住む。」77号・2021



出羽の国、秋田能代。
雪降る真ん中、白に閉ざされた街を行く。

建築家・西方氏の自邸。
思考の旅を表すような、新/旧邸宅の対照的な造形。

雪国の冬は閉ざされているようで、その実、
内にはおもてなしの暖かさが。
冬の恵み、ごちそうさまでした。


0 件のコメント:

コメントを投稿