2019年9月29日

works 124


写真家 daisuke nakajima tsubakuro
 季刊「住む。」2019秋・71号


 季刊「住む。」2019秋・71号


越中富山。
平野の端から踏み込んだ、里山の中腹、豊かな世界。
一度静まり返った土地から、賑やかな声が聴こえてくる。
いきものたちも深い緑も、なんだかゆったり構えていて、面白い。

土遊野と山の恵み。
こういう、場の新陳代謝ってなかなかないけれど。
巡り巡りの、ひとつ未来の暮らしって、案外こういうことなのかもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿