2014年6月15日

works 22








実際、イケルくちじゃないけど。

こうやって取材に、ハナシ聞かせてもらっていると、
耳学問の筆無精、
ははぁ!と感じ入ること、ひとつふたつ。

中町の「あめつち」さん。
感性が、冴えわたる。
こういう、場の佇まい、めったに出会わない。
夜明けの空の、記憶のよう。

(けして飲んだ暮れて、夜明けに撮影した訳では、ございません・笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿