2013年1月14日

a holiday

新年めでたついでに、

 これはPaul



 こっちはmy brotherのwedding写真集+α



 暮れのクリスマスプレゼントに、


 上がり比べて、4タイプ作ってみた。


Paul McCartney の「Kisses on the bottom」はプレゼントのおまけ。
The Girl in the Other Room」で俄然引っかかって来てた、
Diana Krallのリーダーバンドがバッキング。
この面子で当たり前ながら、とかく絶妙すぎる歌伴。
ギターを割と多めに入れたり、ボーカルとのバランス、よく考えられているなあ。
Diana姐さんの抑えめ技ありなオブリが、Paulの声と良くスウィングしてて、
なんだか寝付きも上々の逸品(笑)。
ProがTommy LiPuma。
「Chaos And Creation In The Back Yard」からの振幅も流石に、
あのPaulが殆ど楽器演奏してないという(!)。
ブルースフィーリングが品よく滲む、二人のバランス感覚。
ファルセット気味の歌唱が、生音感むきむきだいねぇ。



閑話休題。
カワイイ二人の前途に幸あれ〜!! なのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿