2019年1月26日

works 112


季刊住む。 写真家中嶋大助撮影
 季刊「住む。」68号 2019年・冬


写真家中嶋大助
写真家中嶋大助
写真家中嶋大助
写真家中嶋大助
写真家中嶋大助
写真家中嶋大助
写真家中嶋大助


武州埼玉、小川町を撮る。

埼玉は「なにもない」、
出身者が自嘲ぎみに語るのを、よく耳にする。
ハタシテ本当にそうかな?

かつて武州の西側で、木を削り、組んだ記憶が、
そこにある、豊かな景色を知っている。
里山と西川材、和建具、有機農業、そして和紙。
リチャードフレイビン氏は、此の地に引き寄せられた。

むかし見た、秩父夜祭。
幻想的な寒空に、お囃子の独特な調子。
今は、夢の記憶のよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿